Stadia Connectまとめ|価格や開始日など簡単に解説!

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

Stadiaは基本的にはゲームを単体で購入する買い切り形になるみたいです。(Proプランのみ一部のゲームを無料プレイ可)

サービス開始は今年の11月から。(最初はChromecastとStadiaコントローラーの組み合わせでのみ使用可。)パソコン(Chrome)やスマホ(最初はPixel 3/3aのみ。順次対応端末は増やす予定。)でもプレイできる本格的なサービスは、2020年よりスタートです。

サービス開始時(今年11月)のプレイ可能な国は以下の14ヶ国。いつも通り日本はいません(泣)

2020年以降、徐々に提供国を増やす予定だそうです。
日本の対応を期待しましょう。

ちなみに必要なネットワーク速度はこんな感じ。最低10Mbpsで遊べます!

価格

2種類のプラン

プランは2種類です。

Stadia Proは月額$9.99の有料プラン。最高で4K/60fps/HDRに5.1ch サラウンドサウンド対応。一部のゲーム(最初はDestiny 2の完全版のみの予定。定期的に追加される。)を無料でプレイできたり、ゲームを割引価格で購入でる特典つき。(プラン単体での申込みは2020年から?)

Stadia Baseは無料プラン。最高で1080p/60fpsにステレオ(2ch)サウンド対応。無料のゲームや割引は有りません。2020年から。

コントローラー

低遅延でGoogleアシスタントが使えるStadiaコントローラーは$69です。

ちなみに市販のコントローラーやキーボード&マウスもPCやスマホなどでのプレイ時には使えます。

Founder’s Edition

限定色のナイトブルーのStadiaコントローラーChromecast UltraDestiny 2完全版3ヶ月間のStadia Pro×2(自分用とプレゼント用)、ユーザー名を優先して確保できる権利(と早期アクセス権)のセットで$129。結構お得ですね。いわゆる先行体験セットです。ローンチ国の14ヶ国ではすでに予約が開始しています。

ゲームタイトル

今回発表されたのは、ざっとこんな感じ。

私が聞いたことがあるのは、ドラゴンボールとファイナルファンタジー、NBA2Kくらいですね。私はあまりゲームに詳しくないので分かりませんが、結構有名なゲームタイトルも多いようです。

※もちろんこれは一部です。

まとめ

  • 日本はまだサービス提供外。
  • あくまでもStadiaはプラットフォーム。サブスクではなく買い切り型。
  • クラウドでプレイするのでスペックの低い端末でもプレイできる。
  • スマホやタブレット、PCやTV(Chromecast&Stadiaコントローラーの組み合わせのみでプレイ可)など様々なデバイスに対応。
  • 今年の11月よりサービス開始。本格的な開始は2020年。
  • 4K/60fps/HDR/5.1ch サウンドで一部ゲームが無料でプレイできるなどの特典付きProプランは月額$9.99。FHD/60fps/ステレオサウンドのBaseプランもあり。
  • コントローラーは$69、Founder’s Edition(先行体験セット)は$129
Stadia Connect Official Recap In 3 Minutes | 6.6.2019
3分間のダイジェスト動画

興味を持ってくれたあなたへ

更新情報を呟いていますので、Twitter[@Wakaba_Japan]をぜひフォローお願いします!気軽に絡んでくださると嬉しいです♪

『更新情報以外は必要ない』という方は右下の赤いベルマークから新しい記事を公開された際にプッシュ通知を受け取れます。また、↓の方のアイコンからfeedlyやRSSのフォローをすることができますのでこちらも併せて宜しくお願いします。

ご意見やご指摘、ご感想やご質問等々のコメントもお待ちしております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

未分類
わかばをフォローする
語りすと わかば

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました