CES 2020で発表されたChromebookの完全まとめ!!

Chrome OS(Chromebooks)
スポンサーリンク

CES 2020で発表された注目のChromebook4機種をまとめました。

スポンサーリンク

Galaxy Chromebook

Credit: Samsung

美しい赤に多くの人の心が奪われ、今最も注目の集まっているSamsung製Chromebook。

特徴

  • 超薄型!超軽量!(9.9mmと1.04kg)
  • 4K有機ELディスプレイ
  • 自動明るさ調整機能搭載(Ambient EQ)
  • UFSカード対応
  • 最高1TBのSSD
  • 指紋センサー搭載
  • 360°回転ヒンジ採用(キーボードをくるっと回してタブレットに!)
  • Sペン付属
  • Wi-Fi 6対応
  • 冷却ファン非搭載

9.9mmの超薄型設計

Credit: Samsung

なんと9.9mmと超薄型。そして重さも1.04kgと超軽量。
これはPixelbook(10.3mm)よりも薄く、Pixelbook Go(1.06kg~)よりも軽いんです!

360°回転ヒンジ

Credit: Samsung
Credit: Samsung

360°回転ヒンジを搭載したコンバーチブルタイプ。Sペンも付属します!
普通のパソコン型での使用はもちろん、Androidタブレットとしての使用も可能ですよ。(一部動作しないAndroidアプリもあります。)

美しい4K有機ELディスプレイ

Credit: Samsung

Chromebook史上初有機ELディスプレイ!更に4Kという超高解像度!
更にはChromebook史上初自動明るさ調整機能(Ambient EQ)も搭載!ディスプレイへのこだわりを感じますね。

ディスプレイ上の100万画素カメラだけでなく、キーボードの左上にも800万画素のカメラを搭載。
キーボードにカメラを配置することでタブレットとして使用したときに写真を撮れるのは、他社製品との大きな違いですね。

鮮やかなデザイン

Credit: Samsung

一度見たときが最後。美しい赤色の媒体があなたを虜にして離しません。

超スタイリッシュなGalaxy Chromebookを使っていれば、通行人に2度見されること間違いなしですよ…w
(従来色のグレーもあり)

もちろん高性能

CPUには第10世代「Comet Lake」のIntel Core i5-10210Uを搭載。RAMは8/16GB、ストレージも最高1TB(SSD)と妥協のないスペック。
ポート類はType-C x 2、UFSとmicroSDのコンボスロット、オーディオコンボジャックと標準的です。

ディスプレイは13.3インチで4K有機EL、アスペクト比16:9です。
キーボードはもちろんバックライト付で、右上には指紋センサーも搭載。Wi-Fi 6(IEEE 802.11 ax)にも対応しています!

Galaxy Chromebookで一つ心配なのが、ファンレスであることです。
ファンレスにすることで、薄型設計を可能にしたり、静音性に優れるなどの利点もあります。
一方、同じComet Lakeの中でも発熱の少ないYシリーズプロセッサーを搭載したPCでさえファンを搭載している例も少なくない中でのファン非搭載は少し心配ですね。もちろん排熱に優れた設計だとは思われますが、発熱を防ぐためにクロックダウンされてる可能性も考えられますね。

価格は$999~、発売予定時期は2020年3月下旬です。

Galaxy Chromebook

Chromebook Flip C436

Credit: ASUS

Chromebook Flip C434の弱点がほぼ無くなった素晴らしい後継モデル。ASUS製。

特徴

  • 薄型&軽量!
  • クアッドスピーカー
  • 指紋センサー搭載
  • 360°回転ヒンジ採用(キーボードをくるっと回してタブレットに!)
  • Core i7モデル有り
  • USIペン対応
  • Wi-Fi 6対応

薄く。軽く。

Credit: ASUS

13.7mmと軽量(Pixelbook Goは13.6mm)。それだけでなく、14インチなのに1.11kgと12.3インチのPixelbookと同じ重さです!

くるっとタブレットに

Credit: ASUS

360°ヒンジを搭載したコンバーチブルPC。このようにAndroidタブレットとしての利用も可能ですね!
USIペンにも対応します。

クアッドスピーカー

Credit: ASUS

ヒンジ部上、ヒンジ部下、右側面、左側面の4箇所にスピーカーを搭載しているのがこのC436の特徴。
(クアッドスピーカーはChromebook史上初な気が。)

美しいパールカラー

Credit: ASUS

ピュアな雰囲気が醸し出る、美しい真珠のような白。つい目を奪われてしまいそうです。

これはキズや汚れがついたら泣いちゃうやつですね。

バランスのよいスペック

CPUは第10世代Intel Coreプロセッサー「Comet Lake」のi3-10110U、i5-10210U、i7-10510U(i7は唯一)から選択可能。RAMは8/16GB、ストレージは128/512GB(SSD)とハイスペック。

ポート類はUSB 3.2 Gen 1 Type-C x 2(USB 3.2 Gen 1=USB 3.1 Gen 1=USB 3.0)、microSDスロット、オーディオコンボジャックを搭載。
USB Type-Aが無くなっているので注意が必要です。

ディスプレイは14インチでFHD液晶、アスペクト比16:9です。
キーボードはもちろんバックライト付で、右上には指紋センサーを搭載。Wi-Fi 6(IEEE 802.11 ax)とBluetooth 5.0にも対応しています!

価格は$799~。
2020年2月24日(月)発売予定で、現在米Amazonで予約受付中。なんと日本直送可です!

ASUS Chromebook Flip C436 – The Powerhouse That Does It All

IdeaPad Flex 5 Chromebook

Credit: Lenovo

コスパに優れたハイスペックなLenovoの新型Chromebook。

特徴

  • 360°回転ヒンジ採用(キーボードをくるっと回してタブレットに!)
  • 比較的安い
  • Thunderbolt 3ポート搭載
  • 防滴キーボード
  • USIペン対応
  • Wi-Fi 6対応
  • スライドカメラカバー

この値段でもコンバーチブル

Credit: Lenovo

$359~という比較的安い価格ながら、360°回転ヒンジを採用。この子もAndroidタブレットにできちゃうんです。
更にはUSIペンにも対応しています!

防滴バックライトキーボード

Credit: Lenovo

このChromebookの他機種との違いはここ。

バックライト付キーボードなのはもちろん、なんと防滴仕様!
飲み物をこぼしちゃってもキーボードが壊れにくいのは安心ですね。(もちろん過度に信用するのは危険です。)

Chromebook初のThunderbolt 3ポート搭載!

CPUは最高構成で第10世代「Comet Lake」のi5-10210Uを搭載。(最低構成はCeleron 4205Uや、Pentium Gold 5405Uではないかと予想されます。)
RAMは4/8GB、ストレージは32/64GBがeMMCで、128GBのモデルのみSSDになっています。

ポート類はThunderbolt 3 x 1、USB Type-C x 1、USB Type-A x 1、MicroSDスロット、オーディオコンボジャックを搭載。今回発表された4機種のなかでType-Aポート、Thunderbolt 3ポートを搭載しているのはこの機種だけ!

ディスプレイは13.3インチでFHD液晶、アスペクト比16:9です。
カメラに盗撮防止のカバーが付いてるのは嬉しいポイント。Wi-Fi 6にも対応しています。

価格は$359~。発売予定時期は2020年6月下旬です。

IdeaPad Duet Chromebook

Credit: Lenovo

エントリーChromebookの新基準!Lenovo製。

特徴

  • 軽くて小さい!
  • キーボードが取り外し可能
  • 約3万円!
  • USIペン対応
  • Helio P60T搭載

キーボード、外れるんです

Credit: Lenovo

外せばタブレット!くっつければPC!いわゆるデタッチャブルってやつです。
よくばりでしょ?

全部合わせて1kg未満

Credit: Lenovo

本体は450gとiPhone 11 Pro Max2個よりも軽い!なんとキーボードとスタンドカバーも合わせて920gと余裕で1kg未満に仕上がっています。

厚さも7.7mm(本体のみ)と薄く、かさばらないのはありがたい。

iPadに勝てるのでは?

Pixel SlateはどちらかというとSurface Pro対抗でしたが、IdeaPad Duet Chromebookは完全にiPad対抗ですね。

ミドルレンジスマホに搭載されているMediateck Helio P60の派生?SoCのHelio P60Tを初採用
Geekbenchを見る限りでは、従来のエントリーChromebookタブレットに搭載されていたRockchip OP1(Chromebook Tab 10、Tablet CT100PA)よりも30~40%高い性能を持っているようです。
RAMは4GB、ストレージは64/128GB(eMMC)と標準的。

ポートはUSB 2.0 Type-Cの1つだけなので注意。
ディスプレイは13.3インチでFHD液晶、アスペクト比16:9。USIペンにも対応しています。

お値段は本体 + キーボード + スタンドカバーのセットで約3万円〜👀これはiPadに勝てるでしょ?
発売は2020年5月の予定です。

まとめ

全4機種のスペック比較です↓

 Galaxy ChromebookChromebook Flip C436IdeaPad Flex 5 ChromebookIdeaPad Duet Chromebook
CPUCore i5-10210UCore i3-10110U
Core i5-10210U
Core i7-10510U
up to Core i5-10210UHelio P60T
ディスプレイ13.3インチ 16:9
AMOLED 4K
3840 x 2160
タッチスクリーン
14インチ 16:9
LCD IPS FHD
1980 x 1080
タッチスクリーン
13.3インチ 16:9
LCD IPS FHD
1980 x 1080
タッチスクリーン
10.1インチ 16:9
LCD IPS FHD
1980 x 1080
タッチスクリーン
RAM8/16GB8/16GB4/8GB4GB
ストレージ256GB/1TB(SSD)128/512GB(SSD)32/64GB(eMMC)
128GB(SSD)
64/128GB(eMMC)
ポートUSB Type-C x 2
UFS/microSDカードスロット
オーディオコンボジャック
USB 3.2 Gen 1 Type-C x 2
microSDカードスロット
オーディオコンボジャック
Thunderbolt 3 x 1
USB Type-C x 1
USB Type-A x 1
microSDカードスロット
オーディオコンボジャック
USB 2.0 Type-C x 1
バッテリー49.2Wh42Wh52Wh7,180mAh/27.6Wh
カメラキーボード: 8MP
フロント: 1MP
フロント: HDフロント: 720pリア: 8MP
フロント: 2MP
スピーカーデュアルクアッドデュアルデュアル
無線Bluetooth 5.0?
Wi-Fi 6対応
Bluetooth 5.0
Wi-Fi 6対応
Bluetooth 5.0?
Wi-Fi 6対応
Bluetooth 4.2
重量1.04kg1.1kg1.35kg本体: 450g
キーボード: 250g
スタンドカバー: 220g
合計: 920g
寸法302.6 x
203.2 x
9.9mm
319.5 x
205.3 x
13.7mm
310 x
214 x
17mm
239.8 x
159.8 x
7.35mm
その他コンバーチブル
指紋センサー
バックライトキーボード
Sペン付属
Project Athena準拠
Ambient EQ
コンバーチブル
指紋センサー
バックライトキーボード
USIペン対応
Project Athena準拠
コンバーチブル
防滴バックライトキーボード
USIペン対応
デタッチャブル
USIペン対応
カラバリレッド
グレー
ホワイト
グレー
グレーブルー x グレー
価格$999~$799~$359~$279~
発売予定2020年3月下旬2020年2月24日2020年6月下旬2020年5月
メーカーSamsungASUSLenovoLenovo

※Galaxy Chromebookのストレージは256GBと1TB以外の構成もある可能性が高く、CPUに関しては今後i7版も販売する予定です。
※IdeaPad Duet Chromebookの寸法は本体のみのもので、キーボードとスタンドカバーも装着した場合は244.87 x 169.31 x 18.2mmとなります。

感想

4K有機ELで真っ赤なGalaxy Chromebookのインパクトがあまりに大きすぎて、正直他は存在感が、、、
他もふつーに良機種だと思うんですけどね。

私はTiger Lake(今回Chromebookでは採用されなかった10nmプロセスIce Lakeの後継、第11世代Intel Coreプロセッサー。詳しくはこちら)搭載のChromebookが欲しいのでComet Lake搭載の3機種は見送りかな。
GPUの性能不足を感じることがAndroidアプリを使ってるとけっこう多いんですよ。
でもHelio P60T搭載のIdeaPad Duet Chromebookは、Androidアプリとの相性がIntel系より良さそうだからちょっと興味あるかも。

当サイトではChromebook(Chrome OS)について語っています。
更新情報も呟いているTwitter[@Wakaba_Japan]をフォローお願いします🙏🙏
ぜひ気軽に絡んでくださいっ♪

『更新情報以外は必要ない』という方は右下の赤いベルマークから新しい記事を公開された際にプッシュ通知を受け取れます!
どんなコメントも大歓迎!コメントお待ちしています!!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました